« お知らせ:2009年度通年フィンランド語講座「コミュニケーションのためのフィンランド語」 開講します | トップページ | 『語学王フィンランド語』訂正箇所一覧更新 »

これなんだ? tsibalen arvoitus nro. 1

これなんだ? フィンランドで撮影したものです。色とりどりのプラスチック製の板,これは一体なんでしょう?

正解は,子供用のそりです。フィンランド語で liukuri と名前がついていました。値段は1個1ユーロ。これまでよく売られていたちゃんとしたソリ (遊び用のソリは pulkka*,本格的なものは kelkka*) よりも手軽で安いですね。

liukuri は -ri で終わる派生語で,動詞や名詞から作られます。liukuri は動詞 liuku-a*「すべる」 (liu'u-n ←階程交替があるのでちょっと変化が難しい。k が落ちて u-u となるので正書法上アポストロフを入れます) から作られた名詞です (「すべる」には他に luista-a という動詞もあります。luistel-la「スケートする」はこの動詞が元になっています)。liukuri のように道具を表す -ri 名詞は多く,口語でたくさん使われます。古い -ri 派生語には人を表すものもあります (leipuri「パン職人」< leipo-a「パンを焼く」, parturi「床屋」< parta*「ひげ」, tuomari「審判」< tuomi-ta「裁く」(tuomitse-n) など)。

Pikku Myy さんのブログ記事 [2006-02-27] には,子供のソリ遊びに幼稚園に liukuri を持ちよる様子が語られています。私がヘルシンキに滞在していた時には,liukuripulkka に加え,ただのビニール袋 muovi=pussi を使って滑っているツワモノも見かけました ;-)

最後にフィンランド語学習のちょっとしたヒントを:liukuri のような単語を見つけ,辞書で大体の意味が分かったが具体的にどんなものか分からない,という時には検索エンジンの画像検索をおすすめします。例えば Google のイメージ検索 (日本語画面でもフィンランド語画面でもあまり違いはないようです) などを使うと結構うまくいきますよ。また,画像検索をすると,例えばソリだけでなくすべり台のようなものも liukuri と呼ぶのだ,ということも分かり,勉強になります (例えば,画像検索で見つけた このページ の最後のほうに vesi=liukuri「プールのすべり台」や jätti=liukuri「巨大すべり台」の写真があります。確かに道具!)。

|

« お知らせ:2009年度通年フィンランド語講座「コミュニケーションのためのフィンランド語」 開講します | トップページ | 『語学王フィンランド語』訂正箇所一覧更新 »

コメント

フィンランドの日刊紙 Ilta-Sanomat で「liukuri と pulkka (ハコ型のソリ) どっち持ってく?」というアンケートがあり,
http://www.iltasanomat.fi/viihde/uutinen.asp?id=1645794
2009年2月時点では pulkka が勝っているようです (本日時点で 18% 対 82%)。Tulokset というリンクを開くと結果が別ウィンドウで閲覧できます。

投稿: ちばれ | 2009-02-28 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50898/44200261

この記事へのトラックバック一覧です: これなんだ? tsibalen arvoitus nro. 1:

« お知らせ:2009年度通年フィンランド語講座「コミュニケーションのためのフィンランド語」 開講します | トップページ | 『語学王フィンランド語』訂正箇所一覧更新 »